第13回 さいたま新都心JAZZ DAY

 

ゲストバンド

2017年第14回の開催は準備中です。
決まり次第アップ致します。

 

 

918() 16:35〜 

『スインギー奥田&ザ・ブルースカイオーケストラ』

昭和2(1927)初代奥田宗宏が横浜ハーモニカジャズバンドを結成。16歳でバンドリーダーとなり注目を浴びる。 また日本で初めて楽団名にジャズの文言を入れたバンドでもある。昭和9年(1934年)には、下丸子の「東横ダンスホール」で初代奥田宗宏がブルースカイオーケストラと命名。戦前より活動する最年長のビッグバンドとしてコンサート等で活躍する。その一方、NHK開局以来、音楽監督を努め、その当時のスタープレーヤーを結集したNHK オールスターズとしても活躍し、当時活躍したほとんどの歌手・演奏者の伴奏等を努める。また、海外のスターからご指名での共演を努め、ハリー・ベラフォンテ、マックス・ローチ、ソニー・ロリンズ、ルイ・アームストロング、JCハードなどから絶賛を浴びる。
ダンスオーケストラとしては、皇室、海外VIPクラスの伴奏にはなくてはならない楽団として、世界一踊りやすい楽団との評価を受け、平成3年度には芸術祭賞を受賞する。 平成41月に初代奥田宗宏が亡くなり、そのあとを奥田英人が襲名継承して、その活動を支えている。
創立80年を越えた今もなお、日本の代表的スウィングバンドとして活躍中であり、次世代に羽ばたく名門ビッグバンドとして注目されている。平成6年には、全国ツアー・海外フェスティバル等への出演。現在は、新生ブルースカイ(奥田”スインギー”英人&ザ・ブルースカイ オーケストラ)として、従来通りコンサート、アルバム製作のほか、演奏指導等を主にこなしている。
さらに、スウィングバンドとしてだけではなく、モダンジャズ、ラテン、タンゴ、映画音楽から童謡、民謡、ナツメロ、クラシックなどあらゆるジャンルをブルースカイカラーにアレンジ、編成も1920年代を彷彿させる6人編成から16人編成のレギュラービッグバンド、50人規模のポップスオーケストラまで幅広く展開している

 


 

 

9月17日(土) 10:00/13:15/16:00

 

講師奥田英人ドラマー&プロデューサー)

 

ブルースカイオーケストラの初代リーダー:奥田宗宏を父に持ち、幼少期よりJAZZの一流の世界に接する。打楽器奏者としてビッグバンドをはじめ様々な分野で活動。彼の叩き出すリズムは魔法のようと形容されるほど軽やかで、その場にいる人を魅了する。

THE BLUESKY ORCHESTRAを中心に様々なバンドをディレクション、彼が創造するバンドサウンドに業界は注目、歌手、バンドを問わず彼の元にオファーが集まっている。ビッグバンドリーダーのみならず、自身のバンドも持ちコンサート&ショーを精力的に行う傍ら、多才な趣味、経験を生かしライフスタイルプロデューサー&マルチクリエイターとして活躍している。

 

 

Copyright (c) Saitama Big Band Association All Rights Reserved.